2013年06月26日

褒めてほしいポイントを見抜け

褒めてほしいポイントを見抜け


非常に長くなりましたが行軍篇も今回で終わりです。
さて、前回はサインに気付きなさいという事を説明しました。

正直今回も対して変わらないです。
まずは孫子がどんな事を言っているのかを
簡単に挙げて行きましょう。

敵からの使者が下手に出ながら
敵軍が守備を固めているように見えるのは、
進撃の意図がある。
使者が強気で敵軍が進撃してくように見えるのは
実は退く意図がある。
担保も提供せずに仲直りしようと言って来るのは
企みごとがある。
兵士が杖ついてるのは飢えてるから。
水を汲んですぐ飲むのは
水分補給がうまくいってないから
敵の陣地があるはずなのに鳥の群れが集まってるのは
実はそこに敵がいないから。
馬を殺して肉として食べてるのは食糧がないから。


などなど、抜粋する形で載せましたが
まとめると、敵の軍を観察してみて
起こっている事からどんな裏事情がありえるのかを孫子は
解説しています。

前回と同様、観察力が大切という事になりますね。
さて、前回は相手の仕草からどんな心理状態なのかを
読み解くという意味の観察力を挙げましたが

今回はまた違った視点の観察力を挙げましょう。
女性にも男性にも言える事なんですが
褒められて嫌な気持ちになる人間はいませんよね。

でも、簡単に褒めるといっても褒め方によっては
嫌みに聞こえる場合もあるし、むしろ悪印象を与える場合が
あります。

ではどんな点を褒めればいいのか?
それは勿論、相手が褒めて欲しいと思う部分を褒める事です。

以前、合コンで2次会に行った際
空き部屋がすぐに確保できず、
店の入り口付近の椅子に座り少し待つ事になりました。

1次会などでは相手の全体を俯瞰することができなかったのですが
隣合わせで椅子に座ってる状態なので、チラっと相手の全体を観察
することができます。
その際、足にネイルアートをしていながら、手にはネイルアートを
していない事に気付きました。

さりげなく「足のネイルアート綺麗だね」と褒めたら
相手の子は嬉しそうに「このネイルアートはね〜」と
色々と語ってくれました。

ちなみに、手にネイルアートをしていない理由は
保育士さんという職業柄、子供が真似してしまうので・・・
足は靴下を履くからバレないしいいんだけど。
という事でした。

プライベートでしかネイルアートを披露する機会も
ないので、そこを褒めてもらったという事で満足感もあり
嬉しそうに色々とお話してくれたんだと思います。

こんな風に漠然と褒めるだけじゃなく、相手を観察した上で
褒めること。いわば褒めてほしいポイントは何かを見抜く
事が大事だと思います。

礼儀も大事だし、冗談も大事


行軍篇の最後のセンテンスになります。

孫子が言うには

兵士と将軍が親しんでいない状況で
罰則などを与えても、兵士は従ってくれない。
兵士と将軍が親しんだ仲になっている状況で
罰則を与えなければ、なぁなぁな関係になってしまい
使いものにならない。
親しんでいない状況では
礼儀と愛をもってルールを教えて
親しんだ状況になった場合は
きっちり罰則を与える必要がある。


これを合コンにあてはめて考えると
兵士=相手
将軍=自分
と考えてみましょう。

いきなり出会った状況で最低限の礼儀やマナーもなく
冗談や鋭いツッコミを入れても、相手がドン引きするだけですよね。
だからといって、ずっとお互いかしこまってても
当たり障りのない、つまらない会話しか出来なくなります。
やはり少し突っ込んだ話しや、冗談も入れないと駄目ですよね。

最低限の礼儀やマナーは守りつつ
親しんできたら冗談やツッコミもしていきましょうね。
という話しでした。

今日はここまで。


posted by 免堂九斎 at 23:57| Comment(0) | 第九篇 行軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

サインに気付きなさい

サインに気付きなさい


さて、今日も行軍篇。
今日の題名にもなりますが
孫子が言うには
敵が間近にいるのに静かにしているのは
その地形を頼りにしているから。
遠くの敵が挑発してくるのはこちらが攻めて来るのを待っているから。


といったことから

多くの樹がざわめくのは敵が近づいてきているから。
鳥が驚いて飛び立つのは、そこに伏兵がいるから。
塵が高く舞い上がって頭部が尖っているのは戦車が迫ってきているから。
塵が低く広がっているのは歩兵が迫ってきているから。

といったように

小さいサインからどのような情報が汲み取れるかということを
説いています。

つまりどういうことだってばよ?って話しになりますが
合コンにあてはめると

小さいサインから、好意や拒否を見抜くということが大事になりますね。
それではどんなサインがあるんでしょうか?

「naverまとめ」でブラック心理学〜癖やしぐさで心を見抜く〜
という記事がありました。色々載っていて実に面白い。

順不同で、いくつかを紹介させてもらうと

▷前傾姿勢の人は、「相手に興味がある。」
前傾は相手の話しを受け入れる姿勢。
そして「話しをしたい」という欲求

▷机を小刻みに指で叩く人は、「話しを切り上げたいと思っている。」
小刻みにテーブルを指で叩くのは、
早く話しを切り上げてほしいという合図。

▷腕組みしている人は、「話しを聞き入れていない」
もし相手が腕組みをしたり、背中をイスにつけて反りながら聞いている場合、
・話を聞き入れていない
・敵対視
・警戒している
ことがほとんどです。

などなど・・・色々な事例がありますので面白いです。

さて、話しを戻しますが、物事には必ず原因があります。
何かしらの物事が起こるという事は何らかの原因があるから起こるのです。
それは人の何気ない素振りにも同様の事が言えるでしょう。

いちいち気にしすぎても、疲れるだけだし
考えすぎになってしまう事もありますが
たまに、ちょっと違う視点から合コンを観察してみるという
意味では面白いのではないでしょうか?

なかなか行軍篇という題材の癖に
話しが進みませんが今日はここまで。


posted by 免堂九斎 at 23:14| Comment(0) | 第九篇 行軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

注意すべき相手のタイプ

注意すべき相手のタイプ


さて、今回も行軍篇。

孫子はこう言っています。

上流で雨が降り、泡立っている時
渡河しようとする場合は、落ち着くのを待ちなさい。
土地には草木が茂っていて、網をかぶさったように
行動困難となる場所や、両側が断崖となっている
深い谷川などがあるが、
自分は近づかず、敵を近づけさせなさい。
軍隊の移動先に林や草木の密生地があった場合は必ず
探索しなさい。伏兵がいる場合がある。


簡単に訳したつもりでしたが、簡単ではないと思うので
もっと噛み砕くと、軍隊が移動した際に行動しにくくなる場所や
敵が潜んでいて攻撃されてしまう危険のある場所を列挙しています。

つまり、危ない場所を細かく説明しています。
危険な地形や場所を避ける=危険な合コン相手を避けるという
発想にも使えます。

危険な合コン相手とは何でしょう?
例えば男性視点からすれば

@やたらスキンシップが激しい女

これは、男慣れしてますので、弄ばれる可能性大です。
足で足をつついて来るような子は特に上級レベルです。
ちなみに女性経験が少ない男性は
これされるだけでダイブ落とされます。

Aやたら前彼や前の合コン相手の悪口を言う女

少しくらいなら構わないとは思うんですがね
でも次言われるのはあなたの番かもしれませんね。

B携帯をやたらイジっている女

これはもう、興味ないってことですね。
こちらにも原因あると思いますが深追いする必要も
ありませんね。

C会計の時になかなか財布を取り出そうとしない女

さすがに、合コンではあまり見かけないんですがね。
何回かデートして奢られるのに慣れてくると
財布すら開かない女性いますね。
財力に余裕あるならいいんですが
余裕ないなら自分が辛くなるだけなのでやめときましょう。

他にも色々あると思います。
男性視点と書いてしまいましたが、女性視点からも
言える事じゃないでしょうか?

少し話しがずれるんですが
スキンシップを男性から女性にするとセクハラに
なりかねません。

ただ、スキンシップは悪い条件にも上げてある分
裏を返せば効果が抜群という事です。
スキンシップを制したものが合コンを制すと言っても
過言ではないでしょう。
やっぱり過言です。
それは置いといて嫌がられずにスキンシップを
とるにはどうすればいいか?

私の友人で非常にお手本になる手段を使っていた人がいました。

ズバリ「手相」です。
女性は占いが好きな子が多いので、手相を見るという名目が
あれば、拒否されるどころか我れ先にと手を出してきます。
基本的な見方だけでいいので覚えておくと便利です。

逆に女性は男性にどうスキンシップをとればいいか?
正直セクハラと思われることはないどころか
御褒美でしかないので、どうとでも出来るんですがね。
一番自然なのは何かのボケに対するツッコミで
「やだー、もう」とか言いながら相手の肩叩いたりするとか。
そんなのからでもいいと思います。

少しどころかダイブ話しずれましたね。

夜も更けてしまいましたので今日は非常に短いですがこのへんで。
posted by 免堂九斎 at 00:43| Comment(0) | 第九篇 行軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。